生産緑地特集
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッド:輸出米マッチングフェア2021SP
バイエルクロップサイエンス:PC
バイエルクロップサイエンス:SP

米:30年産米全国JA調査

【JAcom緊急調査】30年産米作況「98」(速報値)2018年10月30日

一覧へ

 JAcom農業協同組合新聞がほぼ毎年行っているJAの米担当者に聞いた30年産米の作柄(速報値)についての集計結果がまとまった。全国集計では「98」となった。

稲穂のイメージ写真 この調査は管内の米作付面積上位240JAを対象に米担当者から電話による聞き取り調査をした。
 調査期間は10月23日から29日まで。協力を得た212JAの回答を集計した。数値は速報値。
 北海道、東北の日本海側、北陸などからはやや不良、不良にあたる数値を回答する現場の声が多かった。一方、中国地方や九州は平年並みかやや良にあたる数値の回答を得た。9月15日現在の農水省調査作柄で「90」と発表された北海道は「89」の見込みとなった。
 本紙では今年産の生育特徴や1等米比率なども調査しており順次掲載していく。

(稲穂の写真はイメージです。)

 

30年産米の作柄 JAcom農業協同組合新聞調査結果

 

(関連記事)
全国作況100 北海道は不良「90」ー30年産水稲(18.09.28)
全国作況102の「やや良」-米穀データバンク予測(18.08.07)
特Aは43産地銘柄 魚沼コシは特A逃す-29年産米食味ランキング(18.03.01)
新潟コシ 先物市場でストップ高(18.02.20)
29年産米の値上がりと30年産問題(17.12.18)
【米生産・流通最前線2017】木徳神糧(株) 三澤専務に聞く 29年産米の概算金と流通(17.09.22)

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る