米・麦・大豆 ニュース詳細

2018.08.07 
全国作況102の「やや良」-米穀データバンク予測一覧へ

 民間調査機関の米穀データバンクは8月6日、30年産米の収穫予想を発表した。7月31日現在で全国作況102の「やや良」と予想した。

米穀データバンク予測 同社は都道府県の7月末までの気象データを推計プログラムに投入して作況を予想している。
 30年産米は一部地域で▽7月豪雨、▽台風7号、12号の接近と上陸、▽5月上旬および6月中旬の低温の影響が見込まれるが、田植期以降、高温・多照で経過していることから、「平年並み」、「やや良」で推移しているとした。そのため全国の作況指数は102の「やや良」と予想した。
 都道府県別にみると、作況指数99~101の「平年並み」は北海道、青森、秋田、山形、山梨、岐阜など19都道県、102~103の「やや良」は宮城、福島、新潟、滋賀、和歌山など28府県が見込まれている。岡山、広島、愛媛については7月末までに集計された豪雨被害を反映しているという。
 同社による主食用米の作付面積推計は138万3000ha。前年産実績より1万3000ha増と推計した。政府備蓄米、加工用米、新規需要米など生産調整の対象分は除外している。

(画像をクリックすると大きな画像が表示されます)

 

 作況・作付予測に基づく7月31日現在の主食用米の予想収穫量は全国平均で10aあたり540kg、収穫量は746万6000tと推計した。29年産米にくらべて16万t増と見込む。
 農水省が発表した30年6月末の在庫量は190万4000t。これに同社予想の収穫量746万6000tを加えると30年7月~31年6月までの供給量は937万tとなる。同省は同時期の需要量を741万tとしていることから、31年6月末の在庫は196万tと今年6月在庫より6万t近く増えることになる。同社は米の消費減が続いていることから在庫は「上振れする可能性」もあるとしている。ただ、収穫量予想も8月から収穫期まで天候が平年並みに推移した場合の予測値であり、今後の天候経過で変動する可能性がある。

 

(関連記事)
米の需給動向 国はより精査し情報を-食糧部会(18.08.07)
西南暖地の早期栽培米「平年並み」-7月15日現在(18.08.02)
6月末の米の在庫量190万t-農水省速報値(18.07.30)
水田農業「10aあたり」所得へ転換を-JAグループ(18.06.15)
特Aは43産地銘柄 魚沼コシは特A逃す-29年産米食味ランキング(18.03.01)
SBS輸入米 10万t全量落札-29年度(18.02.21)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ