農政 ニュース詳細

2018.08.02 
西南暖地の早期栽培米「平年並み」-7月15日現在一覧へ

 農林水産省は西南暖地の平成30年産早期栽培米の作柄概況(7月15日現在)を7月27日に公表した。

 高知県、宮崎県、鹿児島県の早期栽培米の作柄は、一部で7月豪雨の影響がみられるものの、田植期以降、おおむね天候に恵まれたことから「平年並み」が見込まれている。
 出穂済面積割合は高知県97%、宮崎県100%、鹿児島県97%となっている。
 沖縄県の第一期稲の作柄は、一部で台風7号による倒伏や虫害等がみられるものの、田植期以降、おおむね天候に恵まれたことから「平年並み」が見込まれている。

 

(関連記事)
北陸、南九州の水稲で斑点カメムシ類発生が 病害虫予報5号(18.07.27)
【熊野孝文・米マーケット情報】新米に「買い」入らず-急変した端境期(18.07.17)
【熊野孝文・米マーケット情報】7月中に新米刈取り 千葉の農家(18.07.10)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ