農政 ニュース詳細

2018.07.30 
6月末の米の在庫量190万t-農水省速報値一覧へ

 農林水産省は7月27日に食料・農業・農村審議会食糧部会を開き、米の需給と価格安定に関する基本指針について諮問した。審議会は諮問どおり答申した。

 29年産米の生産量は731万t。これに昨年6月末の民間在庫量199万tを加えた930万tが29/30年(29年7月から30年6月末)までの供給量となった。
 ここから今年6月末の民間在庫量190万t(速報値)を差し引くと、29/30年の需要実績は740万tとなった。前年の754万tより14万t減少した。また、6月末の民間在庫量は前年から9万t減少した。

30/31年主食用米等需給見通し 29/30年の需要実績をもとに、最近の傾向を踏まえて需要見通しを再計算したところ、741万tとなった。
 平成30年産米の生産量がかりに適正生産量として示された735万tとすると、30/31年の供給量は925万t(735万t+190万t)となり、ここから需要量見込み741万tを差し引くと31年6月末の民間在庫量は184万と190万を下回る見通しとなっている。
 ただ、30年産米の作柄と需要動向で需給見通しは変わる可能性もある。
 政府備蓄米については、30年産米の事前契約に産地が消極的だったことから計画の20万tに対して12万tにとどまった。
 30年6月末の備蓄量は91万tでこのうち備蓄米の年産を更新するため4~12万tを非主食用に販売する計画。これによって31年6月末の備蓄量は91~99万となる見込み。政府は主食用米の適正備蓄水準を100万t程度としている。

 

(関連記事)
【キーワード農政・スマート農業】「政府全体で推進 社会実装へ」山田広明・農林水産省大臣官房政策課技術政策室長(18.07.27)
【熊野孝文・米マーケット情報】業務用米増産に走る新潟県(18.07.24)
【熊野孝文・米マーケット情報】新米に「買い」入らず-急変した端境期(18.07.17)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ