2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
FMCプレバソンPC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

米:特集

米の事前契約数量 前年比2.4万t増の71.5t 6月末2022年8月9日

一覧へ

農林水産省は「米に関するマンスリーレポート」8月号を8月5日に公表した。そのなかで事前契約の取り組み状況をまとめている。

米の事前契約数量 前年比2.4万t増の71.5t 6月末

事前契約数量は、農水省が一定規模以上の集出荷業者を対象に「収穫前の段階で確認書等により販売数量が決定している数量」について調査している。

2022年産米の6月末の事前契約数量は前年より2.4万t多い71.5万tとなっている。このうち65.8万tが複数年契約となっている。

前年より増えたのは岩手県、福島県、長野県、新潟県、福岡県など。

主食用米の事前契約数量は2018(平成30)年産まで年々増加していたが、それ以降は横ばいで推移しており、2021年産では140万tとなった。取扱い数量に対する比率は48%だった。このうち83万tが複数年契約だった。

主食用米生産の経営安定のため、業務用向けなどで事前契約を進めている県もある。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る