肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2015.02.04 
食べて応援!畜産・酪農キャンペーン JA全中一覧へ

 JA全中は畜産・酪農への理解を求めるキャンペーンを実施する。農家への応援メッセージを送って国産肉などが総計100名に当たる。

 わが国の畜産・酪農は高齢化や離農の増加に加え、配合飼料価格の高騰などの影響で生産基盤が危機的な状況にある。
 このようななか、消費者に安全・安心な畜産物を提供するための農家の努力と経営の厳しい現状を伝え消費者の理解醸成を図る「がんばろう! 日本の畜産・酪農」応援キャンペーンを実施する。
 期間は2月9日から3月31日まで。
 Webサイトなどで応援メッセージを募集するほか、イベントでチラシを配布し呼びかけを行っていく。
 応援メッセージを送ると総計100名に国産牛肉・豚肉・乳製品詰め合わせがプレゼントされる。

(関連記事)
ブラジル最大の穀倉地帯で資材問屋株取得 住友(2015.02.03)

新たに2農場をHACCP認定 中央畜産会(2015.02.02)

生乳生産、前年度下回る見込み Jミルク(2015.02.02)

総計100人国産畜産物をプレゼント JA全中(2014.01.31)

農地を守るため放牧を 農水省が2月にシンポ(2015.01.27)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ