肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2015.05.27 
メガファームが台頭 酪農全国基礎調査一覧へ

 中央酪農会議は5月25日、26年度酪農全国基礎調査結果を発表した。

 この調査は平成19年度以来7年ぶりの実施。調査対象戸数は1万6542戸で99.1%に相当する1万6383戸から回答を得た。
 生乳出荷量は大規模経営層に集中していることが示された。年間生乳出荷量上位10%の酪農家の総生乳出荷量は、ほとんどの地域で全体の30%以上を占めている。
 北海道では戸数1.4%の出荷乳量3000t以上の酪農家が、総出荷乳量の11.1%を占めている。出荷乳量1000t以上の酪農家が占める割合は戸数で7.2%が12.4%へ、出荷乳量で24.2%が37.2%へとともに拡大している。
 都府県では戸数0.6%の出荷乳量3000t以上の酪農家が総出荷乳量の10.7%を占めている。出荷乳量1000t以上の酪農家の占める割合は戸数で2.1%が3.9%へ、出荷乳量で15.5%が25.8%へとともに拡大している。このようにメガファームの台頭が示された。
 酪農従事者(家族・雇用者)1人あたりの経産牛飼養頭数は北海道21.1頭、都府県13.5頭と大きな開きがある。経営主の平均年齢も北海道52.3歳、都府県58.5歳。北海道、都府県とも150頭以上層以外では大規模層ほど経営主の平均年齢が若い傾向にあることが示された。
 担い手の確保率は北海道63.4%、都府県44.8%となっている。

 

(関連記事)

善光寺御開帳牛乳発売 (15.04.10)

食べて応援!畜産・酪農キャンペーン JA全中 (15.02.04)

「東北海道の酪農文化と歴史」を特別展示 (15.02.04)

牛乳で減塩生活 Jミルクがリーフレット (15.01.29)

新書『牛乳は子どもによくない』 矛盾点を指摘 (15.01.23)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ