Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

新書『牛乳は子どもによくない』 矛盾点を指摘2015年1月23日

一覧へ

 1月、PHP新書から『牛乳は子どもによくない』(佐藤章夫)が発刊された。Jミルクは、この内容への反論、著者の見解の誤りや矛盾点などを整理し、ホームページ上で発表した。

牛乳は子どもによくない 同書は、牛乳に含まれる女性ホルモンや成長ホルモンが子どもの発育に悪影響を与える、これらが乳がん・前立腺がんなどの発症の原因になっている、などとして牛乳の効能や通説を否定している。
 Jミルクではこの著書が、▽比較的メジャーな出版社から発行されていること、▽牛乳有害論・牛乳不要論者がこの本を引用することが想定される、といった理由から、関係団体や研究機関が発表した最新の研究内容を紹介し、同書の矛盾点や主張の誤りを多数指摘している。
 例えば、同書では市販牛乳に含まれる女性ホルモンが0.378ng/mlとしているが、内閣府食品安全委員会の調査では最大でも0.023ng/mlとなっており、「筆者の測定値と食品安全委員会の報告の間には20倍にも及ぶ差が見られ、分析値の信憑性が疑われる」としている。
 また、がんの発症リスクについても、国立がん研究センターは「牛乳・乳製品とがんとの関連性は示されていない」としており、日本乳癌学会はむしろ「乳製品を多く摂取している人では乳がん発症リスクが少し低くなる」と発表している。
 Jミルクでは、今回の発表を第1報としており、今後も情報収集を続け、矛盾点や反論などが整理され次第、随時発表していく考えだ。


(関連記事)

北海道2カ月連続前年同月比増 12月の販売乳量(2015.01.16)

加工原料乳5年連続引上げ 27年度畜産物価格(15.01.15)

27年産生乳需給見通し 全国3カ所で説明会(15.01.14)

牛乳生産費2.1%増加 農水省(2014.12.03)

牛乳と死亡・骨折リスクの関連 Jミルクが見解(2014.11.12)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る