Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

加工原料乳5年連続引上げ 27年度畜産物価格2015年1月15日

一覧へ

 1月14日に食料・農業・農村政策審議会畜産部会が開かれ、27年度畜産物政策価格などを答申。農水省はこの答申を踏まえ、27年度の価格などを決定した

 27年度の畜産物価格は、配合飼料価格や子牛価格の高騰などを要因に、酪農、畜産ともすべての政策価格が前年度に比べて引き上げとなった。

【酪農】
 加工原料乳の生産者補給金単価は、バター・脱脂粉乳向けが26年度に比べて10銭増の1kgあたり12.9円とした。バター・脱脂粉乳向けの補給金単価は5年連続で前年度比増となった。交付対象数量は前年度より2万t減の178万tとした。26年度の加工原料乳の生産量は156万tの見込みだが、需要をふまえて生産者が意欲を持って生産に取り組める数量として設定した。
 26年度から始まったチーズ向けが同12銭増の15.53円。交付対象数量は前年度と同じ52万tとした。
 審議会では酪農・乳業について、「生乳生産量の減少が続くのであれば、補給金制度を見直すべきではないか」、「メガファームだけで離農分をカバーできないのであれば、生乳生産を維持するために、生乳生産基盤回復のための対策を講ずるべき」などの意見が出された。
 また、バター不足については、「生産量の回復と消費者への対応を工夫すべき」との意見が出された。

【畜産】
 食肉価格安定のための指定食肉安定価格は、豚・牛ともに安定上位価格が前年度比1kgあたり20円増、生産者団体などが調整・買い入れ保管をする安定基準価格は同15円増とした。
 肉用子牛の価格が下落した場合に生産者へ補給金を交付する基準となる保証基準価格は、各品種とも2000?4000円増、合理化目標価格も1000?2000円の引き上げとなった。

27年度畜産物価格


(関連記事)

畜産物価格決定 萬歳・全中会長が談話(2015.1.15)

万全な畜産物価格決定を要請 27年度畜酪対策(2014.12.26)

配合飼料価格2500円値上げ JA全農(2014.12.22)

牛乳生産費2.1%増加 農水省(2014.12.03)

子牛生産費3.6%増 農水省(2014.12.03)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る