左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

畜産物価格決定 萬歳・全中会長が談話2015年1月15日

一覧へ

 JA全中の萬歳章会長は1月14日、政府が27年度の畜産物価格を決めたことについて談話を発表した。

 談話では、すべての畜産物政策価格が引き上げとなったことや、そのほかの施策の拡充が決まったことについて、「懸命に努力している全国の畜産・酪農経営者の切実な要望に応える内容」だとして、政府・与党関係者への感謝を述べている。
 また、JAグループとしても、生産基盤の拡大や畜産・酪農経営の所得増大に向けて、「引き続き全力を挙げる」としている。

◇    ◇

 萬歳会長談話全文は以下の通り。

 本日、政府・与党において、加工原料乳生産者補給金などすべての畜産物政策価格が引き上げられるとともに生産コスト低減や生産基盤強化に向けた対策など生産者の意欲を後押しする重要な施策の拡充が決定されました。

 今回の決定は、配合飼料・輸入粗飼料価格の高止まりや子牛価格の高騰等によるコストの増大のなか、懸命に努力している全国の畜産・酪農経営者の切実な要望に応える内容であり、この決定にご尽力いただいた政府・与党関係者に深く感謝申し上げます。

 われわれJAグループとしては、今回の結果を生産現場にしっかりと周知するとともに、安全・安心な国産畜産物の安定供給に向け、畜産・酪農生産基盤の拡大に向けた取り組みや、畜産・酪農経営の所得増大に向けた取り組みに、引き続き全力を挙げる所存です。

 わが国の畜産・酪農経営は、将来に対する不安等から、離農が増加し、生産基盤が縮小し続けている状況にあります。地域の特色をふまえた多様な畜産・酪農経営を確立するため、次期「食料・農業・農村基本計画」や「酪農及び肉用牛生産の近代化を図るための基本方針」の策定により、畜産・酪農経営の将来に展望が開ける基本政策を確立できますよう、引き続きご尽力をお願い申し上げます。


(関連記事)

加工原料乳5年連続引上げ 27年度畜産物価格(2015.1.15)

配合飼料価格2500円値上げ JA全農(2014.12.22)

牛乳生産費2.1%増加 農水省(2014.12.03)

子牛生産費3.6%増 農水省(2014.12.03)

水田フル活用で所得確保実現 飼料用米でシンポ(2014.11.21)

最新の記事

シンジェンタSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
シンジェンタ右上縦長PC
DiSC右正方形1PC
新世紀JA研究会 課題別セミナー右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る