肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2018.03.27 
牛乳・乳製品工場は575で前年と同数一覧へ

・平成29年基礎調査、農林水産統計

 農林水産省は3月22日、牛乳乳製品統計(平成29年基礎調査)の結果を公表した。

生産処理量規模別工場数の推移(全国)

 同省がまとめた農林水産統計によると、平成29年12月31日現在の牛乳処理場・乳製品工場(以下、工場)数は、牛乳、乳製品の生産取り止めや廃業があったものの、新設と再開もあり、前年同数の575工場となった。
 生乳を処理した工場を製造種別にみると、牛乳処理場が378工場で前年に比べ10工場増加、乳製品工場が147工場で9工場減少した。生乳処理量規模別にみると、1日当たり2t以上の工場数は牛乳処理場が197工場で、前年に比べ1工場増加、乳製品工場が40工場で同5工場減少した。

 

(関連記事)
乳価暴落招く指定団体廃止(上)(18.02.23)
酪農版自由貿易論の悪夢(18.02.05)
【現地レポート・JA士幌町(北海道)】大手資本の搾取排し「農村ユートピア」創造(2)<JA士幌町の挑戦>(18.02.05)
【提言 金子勝・慶應義塾大学経済学部教授】農業・農協が「抵抗勢力」なのか(18.01.09)
加工原料乳生産者補給金10銭引き上げ-30年度(17.12.15)
貿易交渉と北海道酪農の影響(17.12.07)

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ