肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2018.10.25 
バターと脱脂粉乳の輸入粋変更せず 農水省一覧へ

 農水省は10月23日、30年度のバターと脱脂粉乳の輸入枠について変更しないと公表した。

 バターについては8月末の在庫量が2万7000tと前年同月比▲5.1%となっている。しかし昨年度から毎月入札を実施しており、需要に応じて輸入することができるため少ない在庫で安定的にバターを仕入れることができる。
 また、年末需要に向けたバターはすでに手当てされていることから、今後とも需給は安定する見込みとなっている。
 脱脂粉乳の8月末の在庫量は6万5000tで十分に在庫がある(対前年比+19.9%)。今年度より隔月で入札を実施しており、今後とも需給は安定する見込みとなっている。

 

(関連記事)
バターと脱脂粉乳 枠超過輸入5年連続-農水省決定(18.01.29)
バター・脱脂粉乳の輸入枠変更せず-農水省(18.05.28)
『テイスティソフト バターの風味 濃厚』発売 雪印メグミルク(17.08.25)
バターと脱脂粉乳 各1万3000t輸入を予定-29年度(17.01.30)
バターと脱脂粉乳の輸入量変更せず(17.10.03)
3年連続追加輸入 バター・脱脂粉乳-農水省(16.06.01)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ