JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:シグナム
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
ベリマークSC:FMC(SP)センター

バターと脱脂粉乳の輸入粋変更せず 農水省2018年10月25日

一覧へ

 農水省は10月23日、30年度のバターと脱脂粉乳の輸入枠について変更しないと公表した。

 バターについては8月末の在庫量が2万7000tと前年同月比▲5.1%となっている。しかし昨年度から毎月入札を実施しており、需要に応じて輸入することができるため少ない在庫で安定的にバターを仕入れることができる。
 また、年末需要に向けたバターはすでに手当てされていることから、今後とも需給は安定する見込みとなっている。
 脱脂粉乳の8月末の在庫量は6万5000tで十分に在庫がある(対前年比+19.9%)。今年度より隔月で入札を実施しており、今後とも需給は安定する見込みとなっている。

 

(関連記事)
バターと脱脂粉乳 枠超過輸入5年連続-農水省決定(18.01.29)
バター・脱脂粉乳の輸入枠変更せず-農水省(18.05.28)
『テイスティソフト バターの風味 濃厚』発売 雪印メグミルク(17.08.25)
バターと脱脂粉乳 各1万3000t輸入を予定-29年度(17.01.30)
バターと脱脂粉乳の輸入量変更せず(17.10.03)
3年連続追加輸入 バター・脱脂粉乳-農水省(16.06.01)

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る