肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2018.11.14 
新たに5農場をHACCP認証農場に 中央畜産会一覧へ

 中央畜産会は平成23年12月に農場HACCP認証協議会から認証機関として認定され、審査業務を開始してきた。今回、農水省が平成21年8月に公表した「畜産農場における飼養衛生管理向上の取組認証基準(農場HACCP認証基準)」に適合していると認められた5農場が11月14日、新たに追加された。

 今回認証された農場は以下の通り。

【豚】
(有)香川畜産第一農場(宮崎県)
(有)香川畜産第二農場(宮崎県)

【鶏(採卵)】
(有)小川養鶏場(鳥取県)

【鶏(肉用)】
(株)アイオイ鶴ヶ平ファーム(山形県)
(株)アイオイ観音寺ファーム・三ノ平ファーム(山形県)

 11月14日現在の農場HACCP認証農場は、牛(乳用)20農場、牛(肉用)31農場、豚86農場、鶏(採卵)53農場、鶏(肉用)7農場の計197農場となっている。

 

(関連記事)
新たに1社HACCP認証マーク使用を許諾 中央畜産会(18.11.12)
HACCPで初の京都の農場が選ばれる(18.03.12)
GAPやHACCP対応に注力 穀検の30年度事業計画(18.03.08)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ