Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

24番目のHACCP認証マーク使用を許諾-中央畜産会2020年5月27日

一覧へ

中央畜産会は、5月26日付で(株)いづつ屋に農場HACCP認証マークの使用を許諾した。認証番号(認証農場名)は中央畜産会第289号((株)丹波清光ファーム)、畜産製品は牛肉。同会の使用許諾は、同社が24番目となる。

HACCP認証マークHACCP認証マーク

中央畜産会は平成30年7月2日に、農場HACCPを畜産製品に貼付できる制度を発足。対象は「農場HACCP 認証の農場」または「農場HACCP認証農場が所属する企業、農場、HACCP認証農場が構成員となる農協等」が直接製造する畜産製品であって、認証農場で生産された以外の畜産物を使用していない製品。

具体的には、認証農場で生産された以外の畜産物を使用していない牛肉、豚肉、鶏肉、牛乳および鶏卵、ハム、ソーセージ、ベーコン、ナチュラルチーズ、バター、ヨーグルトおよびアイスクリームが対象となる。

同会は、「現在認証マークを添付できる畜産物は一部に限られるため、今後可能な限り対象範囲を拡大できるように検討する」としている。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る