生産緑地特集
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

世界の飼料用酵素市場 2027年まで8.1%のCAGRで成長の見込み2021年7月26日

一覧へ

市場調査レポートプロバイダーのレポートオーシャンは7月17日、世界の飼料用酵素市場に関する最新レポートを発行。2020年から2027年の予測期間で、世界の飼料用酵素市場は8.1%以上の成長が見込まれている。

飼料用酵素は、動物の栄養の質を高めるだけでなく、動物飼料の栄養特性を改善するために使われる。酵素は、飼料の消化プロセスの一部として、微生物、植物、動物が分泌する天然タンパク質で、飼料用酵素は、ミネラルやビタミンなどの追加栄養素を動物飼料に提供する。

飼料用酵素は、新型コロナウイルスの影響で、様々な企業が製造や供給を制限しているが、動物の健康に対する関心の高まりや、飼料の栄養摂取量の増加、天然由来の飼料や飼料添加物の需要の高まりなどが、予測期間における市場の成長をもたらす要因となっている。

さらに、市場のキープレイヤーによる進歩やその他の戦略的提携の高まりは、市場に有利な需要を生み出すとみられる。例えば2019年3月13日、BASF SEはインドネシアの飼料産業向けにフィターゼ「Natuphos E」を発売。次世代フィターゼであるNatuphos Eは、家禽のリン、カルシウム、アミノ酸、エネルギーなどの栄養素の利用を助けるが、セルロースの加水分解は依然として困難で、酵素の配合率が高いと悪影響を及ぼす可能性がある。そのため、予測期間における世界の飼料用酵素市場の成長を抑制する大きな要因となっている。

世界の飼料用酵素市場の地域分析は、アジア太平洋地域、北米、ヨーロッパ、ラテンアメリカなど主要地域が対象。アジア太平洋地域は、大規模な家畜人口の存在とその成長率、飼料工場の数の増加により、世界の主要/重要な地域となっている。また、2020年から2027年の予測期間において、アジア太平洋地域は最も高い成長率/CAGRを示すと予想されている。

同レポートに含まれる主な市場プレーヤーは次の通り。

BASF SE
デュポン
Koninklijke Dsm N.V.
Bluestar Adisseo
Cargill
アソシエイテッド・ブリティッシュ・フーズ・ピーエルシー
ノボザイムズ
アドバンスト・エンザイム・テクノロジーズ
Novus International Inc.

最新の記事

シンジェンタミネクトブラスター:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る