おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

第三者割当増資・融資で約6億円の資金調達を実施 Eco-Pork2022年4月25日

一覧へ

Eco-Porkは、シリーズAラウンドに、リアルテックファンド、QBキャピタルをはじめとするベンチャーキャピタル計4社を引受先とした第三者割当増資及び複数金融機関による融資で、総額約6億円を資金調達した。

第三者割当増資・融資で約6億円の資金調達を実施 Eco-Pork

同社は、豚肉の安全・安定供給と養豚産業の環境負荷低減を実現するため、養豚業界にICTによる情報可視化ツール「Porker」の提供、IoTセンサーや体重・体調測定カメラの開発・提供を行うなど、養豚農家の作業効率改善・生産性改善・疾病対策等へ取り組んでいる。

今回調達した資金は、すでにリリースしているAI Buta/Biologica Camera: ABC含むセンシングAI/IoTの最終化とともに、豚体調管理サービス・農場環境制御などAI制御IoTの研究開発・サービス化資金に充てる。

センシングAI/IoTの最終化により、単なる情報の可視化だけでなく、生産の予測管理ができるようになり、より効率的な生産管理を行うことが可能となる。また、AI制御IoTの実現は、従業員の代わりに考えて行動することが可能となるため、養豚産業の重要課題の一つである労働力不足改善の一助となる。

Porkerを中心としたAI/IoTサービスの農場実装により、創業時から掲げる「養豚自働化プロジェクト」の完成。2023年にはこれらプロダクト群をパッケージで提供するサービスの事業化・拡販資金を目的としたシリーズBを予定している。同社は、新たに設定した「データを用いた循環型豚肉経済圏の共創」を元に、ICT/IoT/AIの技術を活用した「養豚自働化」の更なる普及を図る。

第三者割当増資・融資で約6億円の資金調達を実施 Eco-Pork

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2022

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る