人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
日本曹達 231012 PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

全農畜産サービスと売買基本契約を締結 太平洋工業2023年9月12日

一覧へ

太平洋工業(岐阜県大垣市)は、全農畜産サービス(東京都江東区)と同社IoT製品「CAPSULE SENSE(カプセルセンス)」の取引に関し、9月1日付で売買基本契約を締結。同製品の営業活動を通じ、生産性の高い畜産経営の実現に貢献する。

システム概要システム概要

全農畜産サービスは、JA全農グループの企業として、畜産分野における生産資材や素畜を生産農家に販売する専門会社。グループ企業としての特性を生かした販路を通じ、「CAPSULE SENSE(カプセルセンス)」の普及を進め、生産者の生産性向上につなげる。

「CAPSULE SENSE(カプセルセンス)」は、牛の胃内に投入した子機のセンサー情報を、人工知能(AI)で解析し、発情・分娩予兆・疾病など、体調変化の兆候を検出する。この1台で発情・分娩・疾病のすべてを検知できるところに、製品の優位性があり、専用アプリでユーザーのスマートフォンやタブレットに通知することができる。

<システム概要>
(1)子機
・温度、加速度センサーを搭載した小型のカプセル(子機)を牛の胃内に挿入し、滞留させることで、胃内の情報を親機に無線通信で定期的に送信。

(2)親機
・LTE通信(携帯回線)でクラウドに情報が蓄積され、AIで分析。

(3)アプリ
・検知結果をスマートフォンやタブレットに通知し、遠隔からいつでもどこでも牛の体調を管理可能。
・PC版では登録・確認作業などの飼養管理が効率的に行える。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る