JAの活動 ニュース詳細

2013.01.23 
JA全青協が林農相を訪問 「TPP反対の意志貫く」一覧へ

 JA全青協の遠藤友彦会長(福島)、山下秀俊副会長(長崎)ら執行部6人は1月22日、林芳正農水相、江藤拓農水副大臣を訪問。ポリシーブックの作成などJA全青協の活動を紹介したほか、改めてTPP断固反対の意志を伝えた。

林農水相(右)と懇談する遠藤会長(左から2番目)ら全青協執行部 遠藤会長は訪問の目的について「JA全青協として、改めてTPP断固反対という意思を貫くこと、日本農業の将来をともに考えていきたい、ということを伝えにきた」と述べた。
 林農水相はこの要請を受けて、TPPについては「いまだに中身がわからないところもあるので、数値などを出して全体で議論していきたい」としたが、「大前提は(聖域なき関税撤廃を前提にする限り、TPP交渉参加に反対とした)自民党の公約通りに対応する」と述べた。
 また、ポリシーブックを手渡しJA全青協の活動について説明したところ、「とてもいい試みだと思う。現場の声をもっと出してもらいたい」と評価した。
 江藤副大臣は、「新たな直接支払制度をつくろうとしている。若い人たちの意見を取り入れて、みんなでつくる制度にしていきたい」として、今後も若い農業者の意見を積極的に出してほしいとした。
 この日、要請に参加したのは遠藤会長、山下副会長のほか、石倉一伸氏(岩手)、益子丈弘氏(栃木)、宇川純也氏(富山)、薗田洋資氏(鹿児島)の4人の理事。

(写真)
林農水相(右)と懇談する遠藤会長(左から2番目)ら全青協執行部


(関連記事)
「常にチャンスを見つける心構えを」村上副会長 JA全青協リーダー研修 (2013.01.11)

【提言】日本農業の未来を創る 体験に基づく私的農業論 JA全中副会長 村上光雄 (2013.01.08)

「ポリシーブック"活用"が最大の目標」 JA全青協新執行部がスタート(2012.05.25)

若手生産者が青年部設立  JA庄内みどり(2012.05.17)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ