Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

3月8・9日「第16回厚生連医療経営を考える研究会」 文化連2013年2月7日

一覧へ

 日本文化厚生農業協同組合連合会は「第16回厚生連医療経営を考える研究会」を3月8日?9日の2日間、東京・墨田区の第一ホテル両国で開く。

 研究会のテーマは「2025年度 社会保障と税の一体改革を踏まえた今後の医療経営のありかた」。昨年2月に閣議決定された社会保障・税一体改革大綱の内容を踏まえ、今後の医療経営を考える。
 プログラムは次の通り(敬称略)。
【1日目】
○基調講演
▽「2025年を見据えた社会保障と税の一体改革と医療機関に期待すること」 厚生労働省医政局長・原【?】壽
▽「専門職目線でチーム医療と医療経営を考える」 福井県済生会病院副院長・大久保清子
▽「2025年へ向けた病院の継続と改革の道」 日本医師会会長・横倉義武
【2日目】
○事例報告
▽「地域の協力協働の実践経験と課題」 愛知県厚生連安城更生病院病院長・浦田士郎
▽「鶴見病院ビジョン実践と課題」 大分県厚生連鶴見病院病院長・藤富豊
▽「医療から考える まちづくり」 愛知県津島市市長・伊藤文郎○パネルディスカッション
「地域の医療ニーズ実現と医療機関存続の為にどうするか」
 時間:8日13時?9日12時30分。参加費:(懇親会費込)会員厚生連2万円(税込)、非会員厚生連2万3000円(税込)。申込締切り2月21日。
 詳細・申込み方法はホームページで。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る