左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

古代史観光地に大型直売所 JAならけん2013年4月9日

一覧へ

 JAならけんは4月2日、ファーマーズマーケット「まほろばキッチン」をオープンさせた。1236平方mの売り場面積を持つ全国でも最大級規模の直売所。このほか、産直レストラン、フードコートなどを備えた複合施設で、全体のオープンは14日になる。

まほろばキッチン 「まほろばキッチン」のコンセプトは「農・食・観」で、古代奈良の観光の中心地橿原市にある。近くには天香具山、畝傍山、耳成山があり、施設の棟の名称も三山からとった。同JAでは年間10億円の売り上げを見込んでいる。
 直売所への出荷者は、県1JAの強みを生かし、県内全域から1200人を組織。ファーマーズマーケット運営委員らは「生産者・消費者双方が喜べる場をめざしてほしい」「耕作放棄地が減少すればよい」「バイキングレストランで地元野菜を使っておいしさを知ってほしい」などと、地元農業の発信地となることに期待を寄せている。

2日オープンし、来場者で賑わった農産物直売所

(写真)
上:奈良の観光地に誕生した「まほろばキッチン」
下:2日オープンし、来場者で賑わった農産物直売所

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る