JAの活動 ニュース詳細

2013.06.25 
『家の光』愛読者普及運動、9県が目標達成一覧へ

 一般社団法人家の光協会は6月24日、東京・大手町のJAビルで第70回通常総会を開き、平成24年度事業報告などを承認した。

あいさつする園田会長 園田俊宏代表理事会長は冒頭、安倍政権が6月14日に閣議決定した成長戦略に触れ、「TPP交渉参加や、農業への規制改革に取り組むことなどが盛り込まれており、これらは農業の多面的機能の維持、次世代への継承、地域農業の再生につながるとは到底思えない。政府は、JAグループが提案した新農政への提言を受け止めてほしい」とあいさつ。家の光協会の事業については、「JA運動を次代につなぐためにも、人、組織、地域の元気づくりの実践をめざしたい」と述べた。
 24年度の事業報告としては、普及活用運動の結果を発表した。『家の光』は月平均部数が56万2356部で岩手、秋田、埼玉、神奈川、兵庫、奈良、島根、長崎、熊本の9県が年度目標を達成した。12・1月号の普及活動では、12月号定期部数が76万2659部で全国目標を7659部上回り41府県が目標達成、1月号は63万3726部で15府県が目標達成となった。
目標達成県域を代表して表彰をうける萬代宣雄・JA島根県中央会会長(右) そのほかは、『地上』が月平均部数2万2836部で宮城、奈良、島根、岡山、熊本の5県が年度目標達成。『ちゃぐりん』は8月号定期部数が11万9914部で目標を1万4914部上回り42都府県が目標達成。「家の光図書」は21万7730部で前年に比べ1万部ほど減ったが目標を1万4000部ほど上回り、「図書予約組合」は加入口数1021口で6府県が目標を達成した。
 役員の改選では、園田会長、木村一男副会長が再任され、下川正志氏が新たに代表理事専務に選任された(既報)。

(写真)
上:あいさつする園田会長
下:目標達成県域を代表して表彰をうける萬代宣雄・JA島根県中央会会長(右)


(関連記事)

戦後の農村読書傾向が一目 家の光協会(2013.06.05)

家の光協会新3か年計画 協同の大切さ広める(2013.03.27)

協同の心で次代につなごう  第55回全国家の光大会(2013.02.15)

「世界こども図画コンテスト」受賞者が決定  家の光協会(2013.02.06)

第27回「家の光童話賞」は宮城県の高橋千賀子さん(2012.12.28)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ