JAの活動 ニュース詳細

2014.03.26 
「JAしまね」発足へ前進一覧へ

 「1県1JA」を目指す島根県の11JAは、23日一斉に臨時総代会を開き、全てのJAで3分の2以上の賛同を得て、合併が承認された。これから平成27年3月1日の新JA発足に向けて体制整備を進める。

全JAの合併承認を確認する萬代会長 全JAの議決権数は5413票で、このうち賛成は5245票(96.9%)だった。承認を得たことについて、JA島根中央会の萬代宣雄会長は、「あらたに誕生する『島根県農業協同組合』(愛称『JAしまね』)が農業の振興ならびに地域の発展に貢献し、また統合方針として掲げた11地区本部制のもと、地区本部損益管理を行うなかで、組合員の意思反映や地域特性の発揮など、地域重視の運営を実現することによって、子々孫々にわたって組合員・地域住民からの信頼に応えうるJAとなるよう、我々JAグループ島根の役職員はさらに努力していく」との談話を発表した。
 これからは、4月に設立委員会を設けて体制整備を進め、27年の発足を目指す。

(写真)
全JAの合併承認を確認する萬代会長

 

(関連記事)

「JAしまね」誕生へ 合併予備契約を締結(2014.03.11)

【しまね協同のつばさ】中国研修で連帯感強める(2014.02.10)

【インタビュー】JAおきなわ代表理事理事長・砂川博紀氏に聞く(2013.11.12)

1JA構想に向け研究  JAグループ高知(2012.11.29)

【人づくり・組織づくり・地域づくり】 人づくり最前線―JA島根ユースカレッジ  次代へつなぐ協同を創る人材を育成(2012.10.04)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ