JAの活動 ニュース詳細

2014.08.18 
農業経営アドバイザー 新たに185人が合格一覧へ

 日本政策金融公庫農林水産事業は8月11日、平成26年度前期の農業経営アドバイザー試験結果を公表した。新たに185人が合格し、全国のアドバイザー総数は2860人になった。

 農業経営アドバイザー制度は、農業の特性をよく知る税務・労務・マーケティングの専門家を育成しようというもので、年2回研修・試験を行っている。
 19回目となった今回は433人が受験し、合格率42.7%となる185人が合格。合格者の主な職業別内訳は、金融機関職員86人、県の普及指導員など59人、税理士30人、公庫職員10人だった。
 公庫では、11月に26年度後期の研修・試験を開催する予定。


(関連記事)

海外輸出を支援契約商社を拡大 日本公庫(2014.07.08)

梅雨期の大雨災害に関する相談窓口設置 公庫(2014.06.18)

農業経営アドバイザー 255人が合格(2014.01.24)

農業経営上級アドバイザー新たに6人(2013.12.13)

農業経営アドバイザー、2420人に 公庫(2013.08.19)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ