JAの活動 ニュース詳細

2014.11.11 
JA運営に女性の参画進む JA全中調べ一覧へ

主要3指標達成JAは10%に

 JA全中はこのほど、平成26年における女性のJA運営参加の現状をまとめた。正組合員、総代、理事等の数は、いずれも前年を上回り、この3部門の数値目標を達成したJAは72JAで、前年より18JA増え、全体の10%に達した。

 JAグループは、平成24年の第26回JA全国大会で、女性の正組合員比率25%以上、総代10%以上、理事等2名の実現を決議し、JA運営への女性参画を促している。これを受けて「総合的な方針を策定しているJA」は70.6%で前年より1.1ポイント増えた
 26年4月1日現在のJAの正組合員は455万5219名。うち女性は93万9747名で、正組合員全体の20.63%を占める。前年より0.85ポイント増え、20%の大台に乗った。総代は全体の29万9412名に対して、女性が2万2646名。前年より0.7%ポイントアップの7.6%になった。
 女性役員(理事・経営管理委員・監事)は1277名で、前年より160名増えた。全役員に占める割合は前年より0.9ポイント増の6.9%となった。うち農水省監査指針の特例によって、女性理事枠を増やして就任した女性は383人。この結果、県内すべてのJAに女性役員のいるJAは23県で、前年より8JA増えた。
 なお、中央会・連合会役員等への参画は、中央会で理事が3名、監事が1名、参与が1名だった。また女性管理職は、課長職以上3万2501名に対して、女性は2288名で、前年より0.9ポイントアップの7.0%だった。


(関連記事)

【JA 人と事業2014】伊藤茂・JA松本ハイランド代表理事組合長 生産者組織育て協同活動強化(2014.09.26)

都市にこそ農業 地域豊かに  須藤正敏・JA東京中央会・連合会会長(2014.08.04)

JA全国女性協が通常総会 TPP交渉で特別決議(2014.05.26)

【特別座談会】女性パワー発揮へ 能力生かしJAで輝く女性に  JA女性常勤役員意見交換会(2014.04.09)

男女共同参画 優れた活動を表彰(2014.02.25)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ