Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

銀座で佐渡の実りをPR  JA佐渡、JA全農2014年12月8日

一覧へ

 JA全農は、JAのTACが地域の農畜産物を消費者に紹介する場として「みのりみのるマルシェ」を開催しているが、11月29日にはJA佐渡のTACが「朱鷺と暮らす郷」認証米などを販売した。

nous1412080401.jpg 佐渡は東京23区の1.5倍の広さ。佐渡沖を流れる暖流の影響で冬は暖かく夏は涼しいことから多様な農産物が実る。日本で初めて国連食糧農業機関(FAO)から世界農業遺産(GIAHS)に認定された。
 「みのりみのるマルシェ新潟県佐渡の実り」は銀座三越9階の銀座テラスガーデンで開催。認証米「朱鷺が暮らす郷」のほか、おけさ柿・あんぽ柿、佐渡牛乳・乳製品、日本酒などを販売した。 店頭に立ったのはJA佐渡の営農事業部営農企画課のTAC、福井幹剛さんと小林拓矢さん。
 福井さんは朱鷺が舞う環境づくりも担いながら米づくりをしている佐渡を伝え「農業の価値が発信できれば」と話した。小林さんは「都会の消費者からこんな声を聞きましたよ、と佐渡に帰ってから生産者に伝えられれば」という。
 TACは農家組合員に「出向く」取り組みとしてスタートし、全国のJAで1700人を超えた。農業経営の相談に乗ることが大きな役割だが、消費者(生活者)に生産者の思い、地域の特徴などを伝える活動もこうしたマルシェでの販促活動も行っている。平成23年からスタートし、このPR活動を通じて地域での販売ノウハウのヒントにできればという狙いもある。

(関連記事)

担い手の夢・ビジョンを実現 全農TAC(2014.12.08)

【JA全農がめざすもの】営農販売企画部・TACの活動 産地復活めざし奮闘するTAC(2014.12.03)

【現地ルポ・JAグリーン近江(滋賀県)】協同の力を結集し、水田フル活用実践(2014.11.12)

【JA全農がめざすもの】第2回生産資材事業の重点課題  営農販売企画部・久保省三部長インタビュー(2014.07.23)

【JA全農がめざすもの】第2回生産資材事業の重点課題 JA全農の総合力発揮(2014.07.23)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る