JAの活動 ニュース詳細

2015.02.12 
天皇杯授与者が意見発表 名古屋、広島でシンポ一覧へ

 農林水産省は、日本農林漁業振興会との共催で天皇杯受賞者などが事例紹介するシンポジウムを2都市で開催する。

 シンポジウムは2月18日に愛知県名古屋市、27日に広島市で行う。このシンポジウムは平成23年度から随時実施しており、26年度は昨年12月に都内で行ったのに続いての開催となる。
 名古屋会場では「水田農業」、広島会場では「果樹の協業」がテーマになっている。
 開催日時、場所など詳細は下記の通り。いずれの会場も定員100人。参加申し込み・問い合わせは、日本農林漁業振興会
ホームページ
で。申し込み締め切りは、名古屋会場が2月17日、広島会場が2月26日。

【シンポジウム概要】
「第7回 優秀農林水産業者に係るシンポジウム」(名古屋会場)
○日時:2月18日(水)13:00〜17:00
○会場:KKRホテル名古屋「芙蓉の間」(名古屋市中区)
○主なプログラム(敬称略)
▽テーマ「『大規模水田』農業の確立を目指して」
▽あいさつ 中野幹也・愛知県農林水産部長
▽意見発表 小野田祐二(平成26年度農産部門天皇杯受賞)
▽東海農政局管内の農業状況 石塚正美・東海農政局生産部長
▽最新の技術経営情報 梅本雅・(独)農研機構中央農業総合研究センター企画管理部長
▽意見交換 コーディネーター:梅本雅、コメンテイター:新田洋司・茨城大学教授


「第8回 優秀農林水産業者に係るシンポジウム」(広島会場)
○日時:2月27日(金)13:00〜17:00
○会場:KKRホテル広島「安芸の間」(広島市中区)
○主なプログラム(敬称略)
▽テーマ「果樹農家における協業経営に実現」
▽あいさつ 月山光夫・中国四国農政局次長
▽意見発表 原田修・世羅幸水農園代表(平成26年度園芸部門天皇杯受賞)
▽中国四国農政局管内の農業情勢 西嶋英樹・中国四国農政局生産部次長
▽最新の技術経営情報 高辻豊二・日本園芸農業協同組合連合会技術主幹
▽意見交換 コーディネーター:梅本雅、コメンテイター:高辻豊二

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ