Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

年間出荷実績40.2t/10a達成! トマト栽培実証施設「ゆめファーム全農」2015年10月7日

一覧へ

 JA全農は10月1日、平成26年7月に栃木県に設置したトマト栽培実証施設「ゆめファーム全農」のトマトの出荷実績が、26年10月8日から27年7月24日までで40tを超えたことを発表した。

 トマトの全国的推定平均収量が10t/10a、優良な生産者でも20t/10a強の中、「ゆめファーム全農」は目標としていた40t/10aの出荷を初年度に実現した。
 同施設は5mの高軒高ハウスで成長点上部の空間確保をしているほか、特殊なフッ素フィルム「錯乱光型フッ素系フィルム」を使うことで、効率的に作物が受光できるようにしている。他にもICTクラウドを利用し測定データを記録するなど、最新の技術を使って常に最適な状態での栽培管理を行っていた。
 今後は、今回の実証栽培で得た栽培管理などのマニュアル化をすすめ、安定・多収栽培を目指す担い手を対象とした栽培実習の受け入れにも取り組む予定。「ゆめファーム全農」
(写真)施設(左上)、出荷するトマト(左下)、ハウス内の栽培の様子(右)


(関連記事)
【JA全農がめざすもの】生産資材部・ゆめファーム全農 栽培から出荷まで総合的なノウハウを蓄積 (14.12.09)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る