JAの活動 ニュース詳細

2015.10.26 
植物工場の野菜で協定 JA東西しらかわと「牛繁」一覧へ

 植物工場を運営する福島県JA東西しらかわは26日、焼き肉チェーンの「牛繁」(「牛繁ドリームシステム」・本社=東京都新宿区)に野菜を供給する事業協定を結んだ。同JAはこれを弾みに、植物工場産の野菜の販路を拡大する考えだ。

握手を交わすJA東西しらかわの鈴木組合長(左)と「牛繁」の高田社長(JA東西しらかわ本所で行われた調印式で) JA東西しらかわの植物工場(みりょく満点やさいの家)は、東京電力福島原発事故の風評被害からの復興を目指して、平成24年度東日本大震災生産対策交付金事業で建設し、同年末から操業を開始した。密閉式人工光型水耕栽培で、1日3000株の生産能力を持つ。
 今回、事業協定を結んだ「牛繁」は、首都圏を中心に123店舗を展開する。同社はこれまで焼き肉用のサンチュを卸売市場を通じて仕入れていたが、天候に左右されやすく安定した確保に苦労していた。
 植物工場のサンチュは従来のものに比べてえぐみがなくて柔らかく、色つやもよいため、今年の6月からテスト販売していた。この結果、客の苦情が一件もなく、特に肉と同じ量の野菜が食べられるとして女性に好評だった。このためJAと共同で改良を加えて品質を安定させ、増産体制を整え、今月27日から全店での使用を始めることにした。
 一方JAは、これまで植物工場の野菜の半分を販売していた契約会社が倒産し新たな販路を求めていた。JA東西しらかわの鈴木昭雄組合長は「原発事故の風評被害は、いぜん払拭しきれていない。この中で植物工場が農業の元気を取り戻す起爆剤になればと思っている。その意味で今日が、新しいマーケティングの第一歩だ」と、一層の市場開拓に意欲を示す。
 牛繁ドリームシステムの高田昌一社長も「農協との取引きは初めてだが、計画生産で安定供給できる植物工場の野菜をさらに拡大したい。将来は肉の取り引きもで考えたい」と抱負を述べた。

 (写真)握手を交わすJA東西しらかわの鈴木組合長(左)と「牛繁」の高田社長(JA東西しらかわ本所で行われた調印式で)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ