JAの活動 ニュース詳細

2015.11.20 
反対運動を  継続を決議 長野県JAグループ 一覧へ

 JA長野中央会とJA長野県農政対策会議は、11月6日、松本市で、『TPPから「食」と「いのち」と「くらし」を守る緊急長野県集会』を開き、10月5日に大筋合意されたTPPの内容に抗議し、引き続き反対運動を継続することを決めた。

 集会には、県内のJAや農家、反対運動で連携する37団体から、約700人が参加。大筋合意されたTPPの内容に対し、「明らかに約束違反で国会決議を逸脱している」として反対運動を継続強化する特別決議を採択した。
 また、東京大学大学院の鈴木宣弘教授が、TPPの影響試算結果を報告。県内農業の生産額は392億円減少し、県内農林水産業の就業者は1万4700人減少することを明らかにした。
 特別決議の内容は、(1)大筋合意の農業分野の内容が、本県農業に与える影響を客観的に分析し、その結果を組織の内外に発信する、(2)大筋合意の農業分野の内容は明らかに約束違反であり、国会決議を逸脱している。このまま国会批准に向かうのであれば、反対運動を継続・強化するなどとなっている。

(関連記事)
【TPP】自民党の対策決定-マルキンなど法制化 (15.11.17)

【TPP】小規模・兼業農家にも配慮を-自民会合で意見 (15.11.12)

TPPは医薬品取引に有害 国境なき医師団(MSF)が声明 (15.11.10)

【緊急特集】TPP大筋合意―どうする日本の農業

【緊急提言】 TPP「大筋合意」の真相と今後の対応 食料・農業の未来のために 戦いはこれから (15.10.07)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ