Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

直売所とコンビニ合体 全農とファミマ、愛媛に1号店2016年4月27日

一覧へ

 JA全農は4月29日、農産物直売所とコンビニエンスストアとの一体型店舗を愛媛県に開店した。これまでAコープとの提携は進めていたが、直売所とは初めて。

直売所とコンビニの一体型店舗「ファミリーマート・全能ふれっしゅ広場」(イメーズ図) 出店するのは「ファミリーマート・全農ふれっしゅ広場」で、JA全農えひめが運営。24時間営業で、コンビニエンスストアの持つ利便性と直売所ならではの農畜産物など、地域に密着した幅広い商品をそろえている。
 JA全農とファミリーマートは、双方の持つ経営資源や経営ノウハウを相互に有効活用することを目的に、Aコープとコンビニとの業務提携を進め1号店を愛媛県伊予市に開店しているが、農産物直売所との一体型店舗は初めて。
 場所は同県東温市で、農産物の品揃えをふやすため、内場面積は通常のコンビニエンスストアの約3.5倍の530平方m。地元の新鮮な野菜や果物、精肉、鮮魚に加え、切り花や鉢植えの園芸品なども販売。全農ブランド商品、エーコ―プマーク商品、地元商品などもそろっている。
 店内には、木目調の内壁やカウンターを採用。陳列商品がわかるように各ゴンドラにはコーナー名を標記し、28席のイートコーナーを設置することで快適に利用できるよう配慮している。
(写真)直売所とコンビニの一体型店舗「ファミリーマート・全能ふれっしゅ広場」(イメーズ図)

今日のニュースへ戻る

(全農×ファミマの関連記事)
地域の懸け橋「ミニファミ号」出発式 (16.04.08)

明日から移動販売開始! 「ミニファミ号」 JA全農×ファミリーマート (16.04.06)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る