Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

羽田で手土産用和牛-JA全農2017年3月24日

一覧へ

 JA全農とJA全農ミートフーズは3月24日から羽田空港国際線ターミナル免税エリアでシンガポール向け手土産用和牛の販売を開始した。

 シンガポールは動物検疫所で検疫を受けた日本産牛肉・豚肉・加工品の手土産持ち込み(個人消費用として5kg以内)が認められている。
 羽田空港国際線のシンガポール行き直行便は1日7便。これを対象に免税エリア「TIAT DUTY FREE SHOP CENTRAL」で和牛販売を開始した。販売商品は▽日本産黒毛和牛5等級カタロース焼肉用400g=1万500円/パック、▽日本産黒毛和牛5等級カタロースすき焼き用400g=1万500円/パック、▽日本産黒毛和牛5等級ロースステーキ用400g=1万2500円/パック(蓄冷剤、包装資材含む)。
 羽田空港国際線ターミナルの免税エリアでの和牛販売は今回が初めて。JA全農は同一場所で、すでに国産ドライフルーツを販売している。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る