Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「有田みかん」フェア-JAビル2017年11月10日

一覧へ

 JAビル地下にあるJA全農の農産物直売所「いちごいちえ」で11月10日、和歌山フェアとして「有田みかん」の販売が行われた。

あいさつする三ッ橋会長(中央) JAありだ共選協議会会長でJAありだの三ツ橋伸二代表理事組合長は販売開始にあたって「和歌山県は日本でいちばんのみかんの生産量を誇る。天気が続き今年も生育は順調でした」とあいさつするとともに、「"ありた"ではなく"ありだ"です」とPRした。

 

 

(写真)あいさつする三ッ橋会長(中央)

 
 三ツ橋会長によると台風の影響も懸念されたが糖度も高く酸味もあるみかんが収穫できているという。
試食販売に大ぜいの人々が集まった 会場の「いちごいちえ」では試食販売と、店頭に持ち込まれた「みかん」の木からの収穫体験なども行われた。
 JAありだ共選協議会は13共選(JA直営3、任意共選10)が連携、協調し、有田みかんの消費拡大をはかり組合員の所得向上を目的に和歌山県農が事務局となって運営している。
 なお、JA全農は18、19日に銀座三越で「和歌山県 和歌山の実り」を開く。

(写真)試食販売に大ぜいの人々が集まった

(関連記事)

〔113〕粉山椒 【JAありだ(和歌山県)】

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る