Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

宮城産の旬のイチゴで味の競演2018年3月1日

一覧へ

・みのりカフェ仙台店で4品種の販売イベント

 JA全農みのりみのるプロジェクトは3月3日、直営店「みのりカフェ・エスパル仙台店」(エスパル仙台本館)で旬を迎えた宮城県産イチゴを紹介し、販売する「東北みのりみのるマルシェ・仙台イチゴ4産地4品種食べ比べ」を開催する。

仙台イチゴ 昨年のイベントの様子 宮城県は東北一のイチゴの産地。当日はJAみやぎ亘理産「にこにこベリー」、JAみやぎ仙南産「もういっこ」、JAいしのまき産「紅ほっぺ」、JA栗っこ産「とちおとめ」を販売、それぞれの味を競い合う。
 イベントは午前10時から午後5時までを予定しているが、品物がなくなり次第、終了となる。
 また「みのりカフェ&グリル」では県のオリジナルイチゴで、いま人気の「もういっこ」を使ったスイーツメニューも提供する。

 
仙台イチコ@4つのイチゴが味を競い合う JA全農による「みのりみのるプロジェクト」は外食産業での国産農畜産物の利用拡大を目的に平成22年から始まった。
生産者と生活者が互いに想い、食と農を通じて共感する。プロジェクトはそうした場や機会を提供するものだ。詳細はみのりみのるプロジェクト(外部サイト)から見ることができる。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る