Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農地と野菜の"もったいない"を商品に JA東京みらい2018年5月9日

一覧へ

・「みらいのやさいシリーズ」販売開始

 JA東京みらいは、同JAの農産物直売センター「みらい新鮮館」3店と直売所2店で、「みらいやさいシリーズ」第1弾の冷凍野菜餃子「ぽてまる」の販売を開始した。

JA東京みらいが発売した冷凍野菜餃子「ぽてまる」

 「みらいやさいシリーズ」は、JA管内の地場野菜を使った6次産業化商品として販売するものだ。
 第1弾となる「ぽてまる」は、肉の替わりにジャガイモをメインに、ニンジン、キャベツを使った冷凍餃子で、「簡単・ヘルシー」をキャッチコピーにしており、調理は冷凍のままフライパンで両面を焼くだけ、あるいはレンジや蒸し器で調理して、手間をかけずに食べられるようにしたという。

 

(写真)冷凍野菜餃子「ぽてまる」

 

JA東京みらいから発売される冷凍野菜餃子「ぽてまる」のPOP 6次産業化商品である「みらいやさいシリーズ」は、低利用農地の有効活用と規格外野菜を使用することで農家所得を向上させることを目的にしている。第1弾の「ぽてまる」の場合は、東村山市の低(未)利用農地で栽培されたジャガイモ、清瀬市で規格外品のニンジン、西東京市産のキャベツは市場出荷終了後に畑に残ったもの(規格外)を使っている。第2弾以降の商品についても現在開発中だが、基本的には「ぽてまる」と同様の考え方で開発・販売していくことにしている。

(写真)JA東京みらいが発売する冷凍野菜餃子「ぽてまる」のPOP

 

JA東京みらい「みらい清瀬新鮮館」の外観 「ぽてまる」の名称は、ジャガイモの「ポテト」と丸餃子の丸い形、そして老若男女に親しまれ思わず声に出したい愛らしい響きから命名したという。
 現在は、JAの農産物直売センター「みらい新鮮館」と直売所での販売だが、今月中には東京・新宿の「JA東京アグリパーク」でも取扱う予定になっている。

 

(写真)JA東京みらい「みらい清瀬新鮮館」の外観

 

(関連記事)
【JA人事】JA東京みらい(東京都)新組合長に櫻井喜吉氏(17.06.22)
結束固め所得向上へ  7JAが交流会議  JAみらいサミット(15.12.09)
【JAトップアンケート】JA東京みらい 横山和男代表理事組合長 「都市農業で地域貢献」(15.11.04)
【JA人事】JA東京みらい(東京)(6月20日)(14.06.25)
【JA合併】 JA東京みらいとJA東京あぐりが合併 10月1日付で総合JA数709に(12.09.26)
JA東京みらい(外部リンク)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る