JAの活動 ニュース詳細

2018.06.01 
佐渡を世界遺産へ エコーはがき地方版を発行一覧へ

 JA佐渡も積極的に参加し推進している「佐渡金銀山を世界遺産にする会」は、この世界遺産登録への気運を盛り上げ、多くの人たちに理解、支援してもらうために「エコーはがき」の販売を6月1日から開始した。

57円で販売されているエコーはがき。デザインは佐渡金銀山の象徴とされる金の露頭掘り跡である「道遊の割戸」と、いまや佐渡のシンボルともなっている国際保護鳥トキ 佐渡の金銀山は、300年近い江戸幕府の財政を支えてきた。エコーはがきはこの佐渡金銀山の象徴とされる金の露頭掘り跡である「道遊の割戸」と、いまや佐渡のシンボルともなっている国際保護鳥トキをデザイン化してハガキの表面に広告として掲載することで通常62円のハガキが57円で販売されている。販売地域は、東京・新潟・長野・埼玉・千葉・神奈川の都県で6月1日から販売されている。

(写真)57円で販売されているエコーはがき

 

 広告主は、JA佐渡も参加する(一社)佐渡を世界遺産にする会、佐渡を世界遺産にする新潟の会、そして佐渡出身者による佐渡を世界遺産にする首都圏の会の三者だ。

 

坂田会長が扮する奉行を先頭にした金銀小判を運ぶ行列(写真)坂田会長が扮する奉行を先頭にした金銀小判を運ぶ行列

 

渋谷郵便局長への受け渡し式 販売開始の6月1日には、東京の渋谷郵便局で発行セレモニー「金荷の受け渡し式」が行われた。
 このセレモニーは、かつて佐渡から江戸まで、金銀や小判をおよそ150箱に詰め200人の人足が運んできた行列を模したもので、当時その行列の長さは1kmに近かったという。
 セレモニーではその道中奉行に扮した首都圏の会の坂田正通会長を先頭に、金銀や小判を詰めた箱を背負う人足に扮した会員が当時の様子を再現し、渋谷郵便局長に受け渡しを行った。
 珍しい装いもあって、地元タウン誌なども取材。さらに切手など郵便関係のマニアの人たちが早速窓口でハガキを購入していた。

(写真)渋谷郵便局長への受け渡し式

 

(関連記事)
【JA人事】JA佐渡(新潟県)新経営管理委員会会長に永井充氏(18.05.29)
生産者と繋がり深める(17.04.10)
【JAトップアンケート】JA佐渡 齊藤孝夫・経営管理委員会会長 「農業が島を支える」(15.10.26)
【現地ルポ・JA佐渡】朱鷺と共生する郷づくりをめざして(15.01.09)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ