Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

美味しい国産農作物チャリティー頒布会を開催2018年10月5日

一覧へ

 銀座料理飲食業組合連合会は10月27日~11月4日、今年も銀座のアンテナショップ11館で「美味しい銀座×食と農林漁業の祭典」を開催する。

 同イベントは、銀座料理飲食業組合連合会が過去17年間「銀座は安全で美味しい国産野菜・果物を応援しています」をテーマに展開してきた「銀座の食と安心」のPR活動を、農林水産省がタイアップ企画に位置付け、「日本の優れた食と食文化」と「本物志向の銀座らしさ」を伝える同省後援イベント「美味しい銀座×食と農林漁業の祭典」として実施される。
 埼玉や長野、新潟、茨木、福井のJAをはじめ、全国北海道から岩手、山形、群馬、高知、和歌山、岡山、広島、鳥取など17地方自治体や銀座界隈の11郵便局・ゆうちょ銀行も協賛している。
 初日は12時半から数寄屋橋公園で、第18回「美味しい国産農作物チャリティー頒布会」を開き、銀座の有名レストランや料理人が日頃扱っているこだわりの厳選野菜や、生産者が地元の美味しい採り立て農作物を紹介しながらチャリティーで約1500人分配布する。
 また、くまモン、ぐんまちゃんなど過去最大8体のゆるキャラも登場し、会場を盛り上げ、来場客から一人100円以上の寄付を募る。

 

(関連記事)
山形の旬の農産物を銀座三越で販売 JA全農(18.09.25)
福島・和歌山の果実販売 新宿駅でJA全農マルシェ(18.08.01)
JAおうみ冨士の特産メロンなどを販売 JA全農マルシェ(18.06.21)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る