JAの活動 ニュース詳細

2018.10.22 
品質保証「Nマーク」で「西宇和みかん」が統一ロゴ一覧へ

 愛媛県JAにしうわは、11月から「西宇和みかん」の品質を保証する統一ロゴ「Nマーク」の表示で出荷を始める。
 これにそって各種のプロモーションを予定している。

ほとんどが傾斜地の西宇和みかん(写真)ほとんどが傾斜地の西宇和みかん

 

「西宇和みかん」の統一ロゴマーク これまで「西宇和みかん」のブランドはあったが、統一マークの使用で、ミカンに特化した産地「みかんのブルゴーニュ」を目指す。11月5日、東京・大田市場で初せりとなる。

(画像)「西宇和みかん」の統一ロゴマーク

 

 

 

 「西宇和みかん」は、愛媛県西部の八幡浜市、伊方町、西予市三瓶町の2市1町にまたがるエリアで生産され、JAにしうわ管内の10か所の共同選果部会から出荷されるミカンの総称。同エリアは柑橘の栽培に適した地形で、地域それぞれで個性のある高品質のみかんが栽培されている。
西宇和みかん 同エリアでは、果樹の栽培面積が全耕地の95%を占めており、統一マークの「N」は西宇和の頭文字を表し、今後は段ボールや店頭販売の袋、店頭ツールなどにこのNマークを表示するとともに、「西宇和みかん」オフィシャルウェブサイトで品質情報を発信する。また一部の店舗ではPOP『しゃべるみかん』を設け、西宇和みかんの認知度を高める。さらにスイーツ・デザートの開発や東京の人気カフェなどで期間限定提供するなど各種のプロモーションを予定している。
 「西宇和みかんブランドサイト」:西宇和みかん|Nマーク|三つの太陽

 

(関連記事)
JAグループ支援隊 広島・愛媛に派遣-7月豪雨(18.09.19)
【インタビュー・JA愛媛中央会 田坂實会長】農家組合員の声を聞き、農地・農業を次代につなぐ(16.12.30)
【JA人事】JAにしうわ(愛媛県)新会長に西本滿俊氏(16.07.12)
【JAトップアンケート】JAにしうわ 二宮啓次経営管理委員会会長 「安全・安心確保を徹底」(15.10.28)
「青島」みかんに特化 出荷組合の組織力が支え【井口義朗・JAみっかび代表理事専務】(18.06.13)
現地ルポ JAにしうわ(愛媛県)・JAおちいまばり(愛媛県)(06.07.31)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ