JAの活動 ニュース詳細

2018.11.15 
甲子園の活躍讃えて金足農高へ繁殖雌牛  JA全農 一覧へ

 JA全農は11月14日、今年の夏の甲子園で準優勝した秋田県立金足農業高校に繁殖雌牛1頭と牛肉100㎏を贈呈した。同校で牛を飼育してもらい、準優勝の感動を忘れず一層活躍して欲しいとの思いを込めた。併せてJA全農北日本くみあい飼料(株)から、牛の飼料を贈った。

繁殖用種雄牛と牛肉を贈る山崎専務(右) 秋田市の同校を訪れた全農の山崎周二専務は、渡辺勉校長に目録を手渡し、甲子園での活躍が全国の農業高校生や農業関係者に勇気と感動を与えたとして、その功績をたたえた。全農賞として贈ったのは繁殖雌牛「ふゆこ」で、秋田県有の種雄牛「義平福」の産子。このほか長澤豊会長賞として「山形牛」の牛肉100kgを贈った。後日贈られる飼料は、繁殖成績の向上と連産性に優れた「繁殖かぁーちゃん」など1年分。
 山崎専務は「しっかり育てて、たくさんの良い牛を生産して欲しい」と期待を込めた。渡辺校長は「地元JAや全農から応援や支援をいただき、生徒の活躍につながった。いただいたお肉は24日のバーベキュー大会で関係者に振る舞いたい」とお礼を述べた。
 なお、全農は2016年からBS朝日の夏の甲子園中継番組へ協賛しており、今年度は47都道府県のオリジナルCMのなかで高校球児を応援した。

(写真)繁殖雌牛と牛肉を贈る山崎専務(右)※クリックすると大きな写真が表示されます。

※山崎氏の「崎」の字は正式には異体字です。

 

(関連記事)
【対談】自給率向上の具体策を 農業あっての地域・国家(1)【山田俊男参議院議員・菅野孝志JAふくしま未来代表理事組合長】(18.10.19)
金足農業高校に感謝状を贈呈 日本農業新聞(18.10.03)
今、農業高校が輝いている 金足農高の活躍で弾み(18.08.31)
金農準優勝 農業関係者「勇気づけられた」-全中会長がコメント(18.08.23)
準優勝でセールス 東京の秋田県アンテナショップ(18.08.22)
世界選手権での活躍誓う 卓球の石川佳純選手が全農を表敬訪問(18.02.08)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ