左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

新品種「雪若丸」 JAL国際線ラウンジで提供 JA全農山形県本部2018年12月18日

一覧へ

 JA全農山形県本部は日本航空(株)の国際線ラウンジの食事に使用される米として、新品種の納入を始めた。

JAL国際線ラウンジで提供されている「雪若丸」使用の和食 JALではこれまでも山形産の「はえぬき」を使用していたが、今秋本格デビューした新品種「雪若丸」も11月1日から採用されることになった。
 「雪若丸」は白さ、外観、光沢、そして味が優れた品種で、平成29年産は米の食味ランキングで最高位の「特A」を受賞している。
 あっさりとした上品な味わいがどんなおかずも引き立ててくれ、ひと粒ひと粒の食べ応えは新食感ともいえる。その特長を活かしたメニューとして、東京国際空港(羽田)と成田国際空港の国際線のJALファーストクラスラウンジとサクララウンジの食事で使用されている。

 

(写真1)JAL国際線ラウンジで提供されている「雪若丸」使用の和食

 

 

山形県アンテナショップ「おいしい山形プラザ」で開かれたイベントに出席した後藤和雄山形県本部長(前列右)、竹田亨JAL経営企画本部地域活性化推進部長(前列左)ら

 提供が開始された当日、東京都中央区の山形県アンテナショップ「おいしい山形プラザ」では記念イベントも開催された。来店した先着555人に「雪若丸」1合シート・2個のプレゼントや一口大のおにぎりの試食を行い、参加者からは「粒感がしっかりしていておいしい」といった声が聞かれた。

(写真2)山形県アンテナショップ「おいしい山形プラザ」で開かれたイベントに出席した後藤和雄山形県本部長(前列右)、竹田亨JAL経営企画本部地域活性化推進部長(前列左)ら

 

(関連記事)
【多収米を考える(1)】 多収米とはどんな米(18.11.13)
30年産米食味ランキング 対象155産地品種(18.10.31)
米の需給動向 国はより精査し情報を-食糧部会(18.08.07)
業務用向け販売割合39%-農水省調査(18.03.08)
特Aは43産地銘柄 魚沼コシは特A逃す-29年産米食味ランキング(18.03.01)
地帯で園芸産地づくりをリード・JA全農山形(15.07.13)

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る