JAの活動 ニュース詳細

2019.01.24 
全組合員調査 回答用紙が続々到着-JA全中一覧へ

 JAグループは、JA役職員と組合員との対話で「顔の見える関係」を改めてつくり、これまで実践してきたJA自己改革の成果を「見える化」して、組合員から評価を得ようと、全国のJAで全組合員調査に取り組んでいるが、その記入済回答用紙が今月からJA全中の業務委託先に到着し始めている。今後、各地で調査が進むにつれてJAからの返送も本格化する。

返送されてきた全組合員調査の回答用紙(写真)返送されてきた全組合員調査の回答用紙

 

 1月4日から業務委託先のトッパン・フォームズ(株)所沢倉庫(埼玉県所沢市)に「JAの自己改革に関する組合員アンケート」と印刷された段ボール箱に組合員が記入した調査票が詰められて到着した。
 21日現在で北海道から九州までの30JAから83箱が到着した。JA全中によると1箱に1000枚から1500枚詰められて返送されているといい、21日現在では10万人程度の「組合員の声」が同倉庫に集まったことになる。
 全組合員調査はすべての正組合員・准組合員を対象に実施。第一次調査は今年4月までで8月に集計結果を出す。取り組み状況は前倒し実施も含めて12月11日現在で450JAが調査に着手している。第2次調査は今年5月から12月まで。集計結果は来年5月にまとめる。

 この日はJA全中職員が一部を開封し確認した 全組合員調査ではJAの総合事業や准組合員制度の意義、事業利用の状況、JA自己改革への認知度や、地域農業への応援意向などを聞いている。調査を通して「JAはよくやっている」、「JAが必要」だという多くの声を政府に示していく必要があるが、同時に訪問を通じた組合員との「対話運動」も協同組合としてのJAづくりに大切となっている。
 返送されてきた回答用紙は各地のJA職員が組合員宅などを訪問し「汗をかいて集めたもの」(JA全中)。調査が本格化すると最終的には600万枚程度の調査票が集まることになる。今後は順次、回答用紙の読み込みと集計が行われる予定だ。

(写真)この日はJA全中職員が一部を開封し確認した

 

(関連記事)
直売所を起点に「JA」を発信-組織基盤強化フォーラム(18.08.22)
准組合員のメンバーシップ強化へ JA全中実践セミナー(18.04.20)
【インタビュー・比嘉政浩JA全中専務理事に聞く】自己改革から新たな農協運動へ(後編)(18.05.21)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ