左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

石川選手がJA全農訪問 東京五輪へ意欲示す2019年1月29日

一覧へ

 JA全農所属の卓球女子日本代表・石川佳純選手が1月25日、東京・大手町のJA全農に来訪し近況を報告した。石川選手は「2018年は成長を感じている。東京オリンピックの代表に選ばれるよう、1日、1日頑張っていきたい」と意欲を示した。

JA全農の役職員と交流する石川選手(写真)JA全農の役職員と交流する石川選手

 

 JA全農は「ニッポン人の活躍を『ニッポンの食』で支える」をスローガンに、国産農産物を通じて石川選手の競技活動をサポートしている。
 近況報告で石川選手はJA全農の役職員らを前に、この2018年を振り返り「遠征続きで多くの試合をしたが、安定した力を出すことができた。2019年につながる手応えを感じた1年だった。変化をおそれず挑戦していきたい」と話した。
 また、「短い選手生活のなかで、1番よいときにもっていける」と、来年1月に決まる東京オリンピック日本代表への自信を示した。
 JA全農の神出元一理事長は「おいしい日本の米、肉を食べてパワーをつけ、頑張ってほしい。JA全農も意識を変えて新しいことに挑戦し、成長していきたい。その励ましのメッセージをもらった」とエールを送った。

 

(関連記事)
国産もち麦ごはんを新発売 JA全農(18.09.20)
国産青汁2品が新登場 JA全農(18.09.20)
日本産米使用の冷凍寿司 EUで本格販売-JA全農(18.05.31)
卓球の石川選手が香港の地下鉄広告に JA全農グループ(18.05.25)
外国産米に市場を奪われる国産米(18.04.03)
英国醸造所へ国産酒米を納入 JA全農(18.03.22)

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

解説・提言

topへ戻る