左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

卓球の石川選手が香港の地下鉄広告に JA全農グループ2018年5月25日

一覧へ

・国産農畜産物の輸出拡大へPR

 JAグループは「全農ブランド」を香港の人々により一層広く知ってもらうために、JA全農所属で卓球女子日本代表の石川佳純選手を香港市街中心部の大型ショッピングモール「タイムズスクエア」に向かう駅構内に地下鉄広告を掲出する。

香港の地下鉄駅で使われる石川選手の広告 JA全農が石川選手の広告を海外で掲出するのは初めて。広告(写真)で使われている中国語は「日本の果実の力」の意味。同選手が出場するITTFワールドツアー香港オープンにあわせて、掲出期間は5月26日から6月1日までとなる。
 また石川選手が中国語で日本の食材をPRするメッセージ動画も近々、公開する予定だ。香港でも人気の高い石川選手の宣伝効果が期待される。なお同選手のランキングは現在世界第3位。
 JA全農グループは昨年から香港最大手のeコマースサイト「HKTVモール」と連携し、香港の消費者に国産イチゴやメロンなどの食材販売を試験的に実施してきた。
 産地や香港の消費者からも好評を得たことから、今後さらに同モールとの連携を強化し、国産農畜産物の販売を強化していく。
 香港はわが国農林水産物、食品の最大の輸出先で、2017年の輸出総額の約4分の1の1877億円を占めている。今後、輸出量がさらに拡大すると見込まれており、そうした中でJA全農とJA全農インターナショナルは、香港へのさらなる輸出拡大に向けて、4月23日に香港事務所を開設したばかり。

 

(関連記事)
JA全農 香港に輸出拠点を開設(18.04.26)
宮城の3法人がグローバルGAP取得-JA全農みやぎ(18.04.25)
営農管理システム「Z-GIS」が運用開始 JA全農(18.04.24)
【インタビュー・立石幸一JA全農参事】GAPに取り組み選ばれる産地に(18.04.09)
JA全農が木徳神糧(株)へ出資(18.04.04)
元イオングループの寺嶋氏を登用 JA全農(18.03.29)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る