JAの活動 ニュース詳細

2019.02.18 
被災した直売所がリニューアルオープン JA倉敷かさや一覧へ

 JA倉敷かさやは1月20日、昨年西日本豪雨で被災した直売所「矢掛宿場の青空市きらり」をリニューアルオープンさせた。

リニューアルした矢掛宿場の青空市きらり 同JA管内にある「矢掛宿場の青空市きらり」は、昨年7月建物南側を流れる小田川の堤防が決壊したため土石流が流れ込む被害にあった。建物は高さ1.7mまで浸水し、土砂が堆積。人的被害は免れたが、営業は困難となった。
 その後お盆の時期を迎え、果物生産農家から出荷したいという声が多数寄せられたことから、8月5日から仮営業を実施。今年に入ってから本格的な改修が行われ、1月20日にリニューアルオープンした。三木恭次代表理事組合長が挨拶を行い、地元の人たちに新たな直売所をPRした。

(写真)リニューアルした矢掛宿場の青空市きらり

 

三木恭次代表理事組合長
 宿場をイメージさせる瓦模様の屋根と黄色い看板はそのままに、入り口を増設。さらに前面をガラス張りにし、外光を取り入れた明るいイメージに変わった。また、品目ごとに平台陳列することで、商品を見やすくした。
 オープン当日、通常の来場者の倍以上となる1000人程が来場。管内の女性部メンバーも応援に駆けつけ、手作りのぜんざいや甘酒、豚汁などをふるまった。

(写真)三木恭次代表理事組合長

 

 

応援に駆けつけた女性部のメンバー 同所は西洋野菜を積極的に取り扱っていて、地元矢掛のブランド野菜になっているネギの仲間「リーキ」をはじめ、これからの時期はアスパラガスがおすすめ商品として販売されるという。

(写真)応援に駆けつけた女性部のメンバー

 

 

(関連記事)
【JA人事】JA倉敷かさや(岡山県)新組合長に三木恭次氏(18.06.28)
JA共済の一層の発展誓う JAふくしま未来等3JAが大賞 目標達成祝い433JAが受賞の栄誉に(17.05.19)
「農業所得増大」へ着実に実践-第15回JAバンク全国大会(16.02.18)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ