金融・共済 ニュース詳細

2016.02.18 
「農業所得増大」へ着実に実践-第15回JAバンク全国大会一覧へ

 農林中央金庫は2月18日、東京都内で第15回JAバンク全国大会を開いた。

優績JAの代表者に表彰状と副賞が贈られた第15回JAバンク全国大会 大会はJAバンクの発展に功績のあったJAとJA役職員を表彰するとともに、さらなるJAバンクの発展に向けて決意を新たにすることが目的。今回は優績JAとして42JAが表彰された。また、長年にわたりJA信用事業の発展に貢献した功労者も表彰された。
 農林中央金庫の河野良雄理事長は、昨年12月末に総貯金96.8兆円、個人貯金85.3兆円の実績をあげたことについて「事業が着実に伸張しているということは、組合員・利用者からJAが信頼されていることの証左。平成30年度JA貯金100兆円達成という大きな目標をしっかり見据え、JAバンク一体となった取り組みが必要」などとあいさつで述べるとともに、「農業所得増大・地域活性化応援プログラム」などの着実な実践などで「地域で一層必要とされる存在」をめざそうと呼びかけた。第15回JAバンク全国大会
 来賓のJA全中の奥野長衛会長は「マイナス金利導入など金融政策は地方金融機関に大きな変革をもたらすおそれがあるが、農業経営の安定や地域住民の暮らしの安定のためにJAの信用事業には一層の健全性と安定性が求められる。JAバンクは農家組合員のメインバンクとして農業所得の増大と農業生産の拡大に向けて挑戦し、これからの日本農業をリードする担い手の育成を後押しするような事業を」などと期待した。
 石川克則JAバンク代表者全国会議議長は「JA、信連、農林中金が一体となったJAバンクの自己改革の完遂、国内農業所得の維持・向上など着実に実践し組合員・利用者の満足度を高めていくことが重要。ともに力を合わせJAバンク中期戦略の着実な実践を」と呼びかけた。
 大会にはJAバンクのイメージキャラクターである女優の松下奈緒さんも駆けつけた。第15回JAバンク全国大会駆けつけた女優の松下奈緒さん
○優績JA
【北海道・東北地区】
JAいわみざわ(北海道)
JA青森(青森)
JA古川(宮城)
JA鷹巣町(秋田)
JA庄内みどり(山形)
JA会津みなみ(福島)
【関東・甲信地区】
JA土浦(茨城)
JA佐野(栃木)
JA邑楽館林(群馬)
JAあさか野(埼玉)
JAとうかつ中央(千葉)
JA東京スマイル(東京)
JAさがみ(神奈川)
JAふえふき(山梨)
JA上伊那(長野)
【北陸・東海地区】
JA越後中央(新潟)
JAとなみ野(富山)
JAはくい(石川)
JAテラル越前(福井)
JAぎふ(岐阜)
JAおおいがわ(静岡)
JA海部東(愛知)
JA伊勢(三重)
【近畿地区】
JAグリーン近江(滋賀)
JA京都市(京都)
JA大阪南(大阪)
JAあかし(兵庫)
JAならけん(奈良)
【中国・四国】
JAしまね(島根)
JA倉敷かさや(岡山)
JA安芸(広島)
JA長門大津(山口)
JA大津松茂(徳島)
JAおちいまばり(愛媛)
JA土佐くろしお(高知)
【九州・沖縄地区】
JA筑紫(福岡)
JAからつ(佐賀)
JAながさき県央(長崎)
JA熊本うき(熊本)
JAこばやし(宮崎)
JA種子屋久(鹿児島)
JAおきなわ(沖縄)
(写真)優績JAの代表者に表彰状と副賞が贈られた、第15回JAバンク全国大会、駆けつけた女優の松下奈緒さん

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ