JAの活動 ニュース詳細

2019.11.19 
福島市と川俣町で一番おいしいお米は? 東京でコンテスト初開催一覧へ

 福島県の福島市と川俣町で、安全でおいしい米作りに取り組む生産者の生産意欲の向上と消費者へのPRを目的とする「第5回ふくしま・かわまた米コンテスト」を、11月22日に東京・大手町JAビルの農業・農村ギャラリー「ミノーレ」で初めて開催する。

 このコンテストは、福島県福島市と川俣町の中で一番おいしいお米を決めるというもの。これまで福島県内で行われてきたが、今回初めて東京で開催する。

 会場では予選を突破したTOP5のお米を、審査委員が食味検査を行って、金賞(第1位)を決定する。
 来場者にはお米を試食して金賞を予想してもらい、的中した人の中から抽選で5人に"金賞米"5kgをプレゼントする企画を実施する。
 コンテストの審査委員は、▽木幡浩・福島市長▽佐藤金正・川俣町長▽菅野孝志・JAふくしま未来代表理事組合長▽比嘉正浩・JA全中専務理事、ほかである。
 コンテストの概要は次のとおり。

▽日時 11月22日(金)11時〜15時
・11時〜ミニまるしぇ
・12時30分〜米コンテスト
▽場所 東京都千代田区大手町1−3−1 JAビル4階「ミノーレ」
▽イベント名 『第5回ふくしま・かわまた米コンテスト』
▽主催 「ふくしま・かわまた米コンテスト」実行委員会(福島市・川俣町・JAふくしま未来・福島大学)、JCA((一社)日本協同組合連携機構)
▽共催 福島大学おかわり農園
▽後援 福島県県北農林事務所
▽協力 福島大学食農学類準備室、福島県養鶏協会、JA全中
○問い合わせはJA全中ミノーレ(電話)03−3212−2355まで。
 

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ