Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

鳥獣被害対策のラッキョウ栽培 収穫最盛期 JAあつぎ2020年6月26日

一覧へ

神奈川県のJAあつぎは、管内で深刻な鳥獣被害を受ける地域への対策として、ラッキョウの栽培を振興している。ラッキョウは収穫が最盛期を迎え、生産者らは、JA全農かながわ中央ベジフルセンターへの出荷に向けての作業が佳境に入っている。

ラッキョウを収穫する新規就農者の穂坂さん(神奈川県厚木市で)ラッキョウを収穫する新規就農者の穂坂さん(神奈川県厚木市で)

鳥獣被害が多発する管内の荻野地区や小鮎地区、玉川地区などでは、生産者の耕作意欲減退や耕作放棄地・遊休農地増加の問題に直面している。加害鳥獣は猪や鹿、猿、ハクビシン、アナグマ、アライグマなど多種にわたり、防衛対策が困難な状況にある中、営農指導員と生産者がタッグを組み、地域に合った新たな作付品目として、2018年からラッキョウ栽培を取り入れた。

今年、作付けを行うのは新規就農者を含む6人の生産者。昨年8~9月に播種を行い、秋は追肥や土寄せ作業を実施した。12月頃には、営農指導員によるほ場巡回を行い、分球数や土寄せの状況について確認。病害虫の発生も少なく、生育も良好。作付面積11アールで、1・5トンの出荷を見込んでいる。同センターに出荷したラッキョウは、漬物として加工される予定だ。

神奈川県厚木市飯山にある畑で、ラッキョウの収穫を行う生産者の穂坂紘志さん(29)は、「JAのサポートもあり、順調に生育し、収穫を迎えることができた。鳥獣被害に悩む地域に合った作付品目として、今後もラッキョウの作付けが広がってほしい」と話している。

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る