想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

牛乳を贈る助け合いプロジェクト「#COWエール」が1万投稿突破 ホクレン2020年7月27日

一覧へ

ホクレン農業協同組合連合会は、ミルクランド北海道の事業の一環として、コロナ禍の終息を願って牛乳を贈る助け合いプロジェクト「#COWエール」を展開中。期間限定で投稿感謝Twitterキャンペーンを7月31日まで実施している。

牛乳を贈る助け合いプロジェクト「#COWエール」が1万投稿突破

キャンペーンでは、同プロジェクトへの投稿者限定で、北海道産の牛乳や乳製品を使った人気菓子メーカーのスイーツを抽選でプレゼントする。さらに、「酪農家さん応援!牛乳を使ったバズレシピ集」を投稿している人気料理研究家のリュウジさんが、応援ゲストとして参加し、投稿したメニューを「#COWエール応援メニュー」として紹介する。

「#COWエール」は、北海道産牛乳と乳製品の消費拡大と、日本中に明るく元気なエールを送り届けることをめざし、8月11日まで展開している。参加にあたっては、SNS(Instagram、Twitter)から「#COWエール」を付け応援メッセージを写真付きで投稿すると、抽選で毎回150人に北海道産乳製品プレゼントされる。
6月25日には1万投稿を突破し、東京都立松沢病院の医療従事者に10万円相当の牛乳と乳製品を支援した。また、1回目のプレゼントキャンペーン終了に伴い、投稿した150人に北海道産乳製品の詰め合わせを送った。7月12日に始まった第3回目のプレゼントキャンペーンも、投稿者の中から抽選で150名様に、北海道産乳製品詰合せをプレゼントする。
今後は、多くの投稿に感謝をこめて、生産者と投稿者をつなぐ「サンクスムービー」などの制作も予定している。

【牛乳を贈る助け合いプロジェクト#COWエール】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る