想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

コロナ禍と生活世界の変容「第6回賀川豊彦シンポジウム」開催 JCA2021年1月15日

一覧へ

日本協同組合連携機構(JCA)が協賛する「第6回賀川豊彦シンポジウム」が2月4日、「賀川豊彦から考える-コロナ禍と私たちの⽣活世界の変容-」をテーマにオンラインで開催される。

賀川豊彦シンポジウムは、⽇本社会に⼤きな⾜跡を残した賀川豊彦の思想と実践を現代に批判的に継承し、今後の⽇本で友愛と協同による市⺠社会を創造していくことを⽬的に、2015年から開催されている。

第6回を迎える今回は、コロナ禍での生活の変容と、賀川豊彦から何を学び、いかなる途を歩むべきかという大きなテーマを軸に、日本の農村社会を足場に協同組合史を論じる石田正昭氏(京都大学学術情報メディアセンター研究員)と、オランダ市⺠社会論を通して日本で公共圏形成の可能性を問う稲垣久和氏(東京基督教大学特別教授)が対論する。

また、2020年12月4日に成立した「労働者協同組合法」により、新しいステージへと歩み始めたワーカーズ・コープ運動を代表し、日本労働者協同組合連合会専務理事の田嶋康利氏が加わり、鼎談で議論を深める。

開催は2月4日18時~20時。申し込みは以下フォームから。

【申込みフォーム】

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る