想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー・SP・BASF:コテツフロアブル
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

人財育成支援プログラム「JA Innovator's Boot Camp」開催 Ag Venture Lab2021年1月25日

一覧へ

一般社団法人Ag Venture Labは、2020年10月29日から2月9日の計7日間にわたって、全国組織8連の若手層(30歳前後)を対象に人財育成やマインドチェンジ、系統間の連携強化を目指すプログラム「JA Innovator’s Boot Camp」を開催している。

Ag Venture Lab荻野代表理事理事長の挨拶Ag Venture Lab荻野代表理事理事長の挨拶

本プログラムは、外部講師やメンターからイノベーションを起こすための思考法と実践法についてレクチャーを受け、参加者自身の力でJAグループの未来やあるべき姿を考え、新規事業案を検討する。その過程でマインドチェンジや次世代リーダーの育成を行う。 参加者は総勢32名で、JA全国連横断での新規事業創発関連の研修プログラムは今回が初めて。

プレゼンを行う参加者プレゼンを行う参加者

各業界から招いた講師によるイノベーション思考法の講義をはじめ、SDGsを考えるワークショップや、社内起業家によるZoomを用いたオンライン講義を実施。参加者はチャット機能を用いて質問するなどインタビューのような臨場感のあるセッションとなった。さらに、参加者はJAグループに対する「想い」のプレゼンや、新規事業案を検討するためのグループワークを行うなどアクティブ・ラーニング型の研修プログラムが特徴だ。

チームによるディスカッションの様子チームによるディスカッションの様子

1月28日と29日の研修では、参加者が各グループにわかれ、メンターへ中間発表を行う。フィードバックを踏まえたうえで新規事業案に磨きをかけていく。研修最終日の2月9日に、JA全国連の各役員、全国農協青年組織協議会の会長及び外部講師の前で 新規事業案を発表する。

開催スケジュールは次のとおり。

【開催スケジュール】
(第1回)10月29日:オープンイノベーションの必要性を学ぶ
(第2回)10月30日:JAグループの未来を考える
(第3回)11月20日:業界動向を学び、視野を広げる
(第4回)11月27日:イノベーション思考法の講義と実践
(第5回)1月28日:新規事業案の検討
(第6回)1月29日:新規事業案を磨く
(第7回)2月9日:新規事業案の発表

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る