Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JA東京アグリパークで沖縄フェスタを開催 JAおきなわ2021年2月3日

一覧へ

JAおきなわは、沖縄の観光と物産展「はいさい!沖縄フェスタinJA東京アグリパーク」を2月2日~6日の期間、東京・代々木のJA東京アグリパーク(JA東京南新宿ビル1階)で開催している。オリオンビール㈱などが共催しJA共済連沖縄、JA沖縄中央会、沖縄県が協力する。

産地直送の農産物産地直送の農産物

沖縄の青い海と珊瑚の土壌で育まれた農水産物や、沖縄の風土が生んだ泡盛・オリオンビール・沖縄そば等の食文化を沖縄観光とリンクさせ、首都圏から沖縄の魅力を広く発信することを目的に年1回開催されているイベントで4回目となる。今年度は「JA共済地域・農業活性化促進助成金」を活用して行われる。例年は6月~7月にマンゴーなどの果実を中心にイベントを行っているが、昨年は新型コロナの影響から開催を見送った。なお、今回は開催規模を縮小し、試食・店内飲食などは行わず、新型コロナウイルス感染予防対策に細心の注意を払い行われる。

生産量日本一の小菊も販売生産量日本一の小菊も販売

今回のイベントは「おうちで沖縄」をテーマに、冬から春にかけて旬を迎えるピーマンや冬瓜をはじめ、生産量日本一の小菊などの農産物を販売。このほか、沖縄の特産品や黒糖、シークヮーサーなどの加工品、菓子、飲料、海産物などを揃えている。初日の店内では、来店客が産地直送の新鮮な野菜や東京ではなかなか手に入らない特産品などを手にとり買い物を楽しんでいた。

JAおきなわ営農販売部東京事務所の玉那覇直美所長は「イベントを通じて、冬が旬の沖縄野菜のおいしさを多くの人に届けたい」と話しイベントをPRした。

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る